FC2ブログ

『見る目がなかった』と想った瞬間


こんにちは!

今日は台風の影響でしょうか

朝方、結構な雨が降りました。



昨日、池袋までお勉強会に行きました。

講師は私が6月に参加したセミナーのK氏。

K氏はホスピタリティーを高らかに謳っている

のですが、主催者のちょっとした1言から

私は発見してしまったのです!!



お勉強会が始まる前にK氏に挨拶。

その時、いつもはしっかり目を合わせて話をするK氏が

私と目を合わせない・・・・・・



何でだろう?と不思議に思っていたのですが

主催者がK氏を紹介している時に、その原因が分かりました。



8月の終わりにK氏から

「中国語を習いたいのだけれど、取り組み方を教えて下さい」と

連絡があって、何度かEメールで連絡をしているうちに

「○○さん(私)に教えてほしいのですが」

という申し出を受けました。




最終的には、スケジュールを確認して

連絡をくれるということだったので

待っていましたが、ず~~っと連絡のないままでした。

で 昨日、偶然という必然で発覚してしまったんですね~



K氏は自分で言い出しておきながら

私に何の連絡もせずに、他の人に中国語を習っていることが。

取りやめにするにしても

ホスピタリティーを謳っているなら

な・お・さ・ら(尚更)

何かしら連絡くれるのが、本当じゃないかしらね?!




こんな人の話を聞きに「時間」「お金」を使って

嬉々として出かけて行った自分がバカみたいで

かなり凹んでいるし、怒ってもいます。







[本日の中国語]

◆ 他山  之 石, 可以  攻  玉。
 ta1shan1 zhi1 shi2,ke3yi3 gong1 yu4.


 意味 他山の石(人の振り見て我が振り直せ)



役に立った!という方は
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
   請click一下
  blog_Ranking

 ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
そうでない!という方も






昨日は『妙な人間学』のお勉強になりました。

こんな勉強はしなくて済むのなら、しないほうがいいですね~(^^;)

珍しくグッチーな亮花でした(T0T)



わいわい楽しく中国語 中文倶楽部


スポンサーサイト



テーマ : 考える
ジャンル : その他

プロフィール

ちゅーぶんちゃん

Author:ちゅーぶんちゃん

20代後半急に中国へ留学しようという想いがわいてきて、翌年の夏、中国語を話せないまま北京へ留学しました。

簡単な英会話ができるので大丈夫だろうと想っていたら大間違い!校内の売店やすぐそこの市場で買い物をするのも大汗・冷汗・脇汗が滝の如く。全く中国語が出来ずに留学したことを大後悔・・・。

そんな・こんな経験をし「凹んでいても仕方がない」と心機一転、寝る以外はほぼ中国語漬けで約1年半。中国語で不自由なく日常会話ができるようになると「せっかくだから覚えた中国語を生かそう!」と現地で就活。その甲斐あって北京・上海で人生初のOL生活をエンジョイ♪

帰国した翌年、中国語教室『中文倶楽部』を立ち上げ、お陰様で20年目を迎えることができました。

中国語は日本語や英語と違い、ほんの少しイントネーションが違うだけで通じなくなったり、違う意味になってしまったりと、常に発音が難しい外国語の上位にランクインする言語です。

中文倶楽部では、ある程度のレベル以降は受講生が独学でも通じる会話ができるよう、中国語の発音&とっさの時に慌てずに会話ができるようにすることに重点を置いたレッスンをしています。

また、中国語教室はもちろんですが、趣味の家庭菜園もTVや雑誌など多くのメディアに取材を受けたりして楽しく・精力的に活動中!


家中文倶楽部ホームページ

携帯↓携帯用ホームページ↓
QR_mb.png

カレンダー
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★ メディア掲載 ★
中国語作文伝授
優秀作品から学ぶ中国語の表現法



第1回中国語作文コンクールで私が作文賞を受賞した作品が掲載されています。

*--*--*--*--*--*--*--*
ヤマダ電機季刊誌



ヤマダ電機が20数万部発行している全国版の法人向けの季刊誌。見開き2ページに渡り人気抜群の中国語教室として紹介されています。

twitter
カテゴリー
ご訪問 謝謝~っ♪
お役立ちリンク
★ 小 冊 子 ★
中国・中国人に関する小冊子

チャイニーズカルチャーを
手軽に知るための小冊子

詳しくは >> コチラ <<


リ ン ク
携帯用QRコード
QR