FC2ブログ

歩スティング 新年第2回目


こんにちは~っ!

今年に入ってから第2回目の

キャンペーン@歩スティングを始めます!!


キャンペーン@歩スティングって何?と言う方は 
  ↑ ココから確認 ↑




[スケジュール]

1月30日(火) 13時頃~  府中市東芝町・本宿町4丁目
1月31日(水) 10時半頃~ 府中市美好町2丁目後半番地・本宿町3丁目一部
2月 1日(木) 10時半頃~ 国立市東4丁目
(・2月 2日(金) 13時半頃~  予備日です)
(・2月 3日(土) 10時半頃~  予備日です)

※ 各日共、1時間~1時間半を目安に作業します。
※ 配布箇所未定のところは、前日までの進度を見て発表します。


キーワードは『きれいな先生ですか?』です。




毎日、先着5名ですから、勇気のある方は

勇気を出して、早目に声掛けて下さいね~
(*^^*)





今のところ、週間予報でのお天気は、大丈夫そうですが

風が強かったり

雨が降ったら中止します。


あらかじめご承知おき下さいm(..)m






今回はこのチラシ(^^)

CIMG2170.jpg

(逆さですみません。。。)







請click一下
blog_Ranking




わいわい愉しく中国語 中文倶楽部






今日は定休日♪

太極拳も今月はお休みしているので

お教室にコモッテ、あれこれ製作しています(^^)




さっき、2日分強の歩スティングチラシを印刷し終わったので

これから歩スティングのお供のチャリンコに着ける

プレートを作製します♪



ホント、ちまちました事が好きなんですよね~っ!(笑)







請click一下
blog_Ranking




わいわい愉しく中国語 中文倶楽部






追記

じゃーーーん!!

プレートが出来上がりましたo(*^▽^*)o~♪





CIMG2173.jpg

注:ちゅーぶん号をイジメル人はパンダになっちゃいますョ!!






今、チャリンコに着けたので

明日から『ぱんぱん』と一緒に『ちゅーぶん号』で

歩スティングさ~~ぁ♪♪



でも、ちょっと勇気、、、要る。。。(汗)



関連記事

コメント

Secret

プロフィール

ちゅーぶんちゃん

Author:ちゅーぶんちゃん

20代後半急に中国へ留学しようという想いがわいてきて、翌年の夏、中国語を話せないまま北京へ留学しました。

簡単な英会話ができるので大丈夫だろうと想っていたら大間違い!校内の売店やすぐそこの市場で買い物をするのも大汗・冷汗・脇汗が滝の如く。全く中国語が出来ずに留学したことを大後悔・・・。

そんな・こんな経験をし「凹んでいても仕方がない」と心機一転、寝る以外はほぼ中国語漬けで約1年半。中国語で不自由なく日常会話ができるようになると「せっかくだから覚えた中国語を生かそう!」と現地で就活。その甲斐あって北京・上海で人生初のOL生活をエンジョイ♪

帰国した翌年、中国語教室『中文倶楽部』を立ち上げ、お陰様で20年目を迎えることができました。

中国語は日本語や英語と違い、ほんの少しイントネーションが違うだけで通じなくなったり、違う意味になってしまったりと、常に発音が難しい外国語の上位にランクインする言語です。

中文倶楽部では、ある程度のレベル以降は受講生が独学でも通じる会話ができるよう、中国語の発音&とっさの時に慌てずに会話ができるようにすることに重点を置いたレッスンをしています。

また、中国語教室はもちろんですが、趣味の家庭菜園もTVや雑誌など多くのメディアに取材を受けたりして楽しく・精力的に活動中!


家中文倶楽部ホームページ

携帯↓携帯用ホームページ↓
QR_mb.png

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★ メディア掲載 ★
中国語作文伝授
優秀作品から学ぶ中国語の表現法



第1回中国語作文コンクールで私が作文賞を受賞した作品が掲載されています。

*--*--*--*--*--*--*--*
ヤマダ電機季刊誌



ヤマダ電機が20数万部発行している全国版の法人向けの季刊誌。見開き2ページに渡り人気抜群の中国語教室として紹介されています。

twitter
カテゴリー
ご訪問 謝謝~っ♪
お役立ちリンク
★ 小 冊 子 ★
中国・中国人に関する小冊子

チャイニーズカルチャーを
手軽に知るための小冊子

詳しくは >> コチラ <<


リ ン ク
携帯用QRコード
QR