発音練習で大切なこと



こんばんは。

今日は桃の節句、ひな祭りですね。

ついこの間お正月だったと思ったら、もう3月。

時間が過ぎるのが本当に早いです。。。




昨日、日曜日のレッスン中に、ある生徒さんから

『聞き取れない音は発音できないんですよね?!』

と質問されました。




これは正解でもありますが、間違いでもあります。




え?正解、不正解、一体どっちなの??

と思われたのではないでしょうか(笑)




正確には、『子供の場合は正解』『大人の場合は不正解』。




通常、子供は10歳くらいまでに

生活上必要な音を耳にし、認識できるようになる

と言われています。




そして、10歳くらいまでの子供は、

新しい音を認識した後、すぐにその音を真似て発音してみます。

ちょうどそのくらいのお子様がいらっしゃる方は、

すぐ思い当たるのではないかと思いますが、

特に、新たに耳にした音が子供にとって面白い音だった場合は

鸚鵡(おうむ)返しで口から音を発します。




つまり、インプット後、すかさずアウトプットする

ということです。




しかし、それ以降になると

インプットしてもアウトプットすることが少なくなり

その結果、「音認識の固定化」が起こるようです。

(新しい音の認識率が下がる)




もともと日本語は、世界的に見ても非常に音の数が少ない言語。

(正確には、音数は50音を遥かに越える数が

あるのですが、区別されていない)

しかし、中国語は音数がかなり多い言語に属します。




イントネーションなどを考慮しないで、

日本語と中国語の音数を簡単な比率で表すと


  日本語 50 : 中国語 400


となります。




音認識が固定化してから

日本語の8倍以上の音数を持つ中国語をマスターするには、

「音認識ありき」では不完全なものになってしまいます。




今まで9年間生徒さんを見てきて、

初めて中国語の発音を学習した際は、

正しい音を発音できていても、

その音を正しい音として耳で確認できないことが多いようです。




しかし、自分で認識できなくても、

正しい音を発し続けていると、

いつのまにか認識できるようになっていて、

ある日突然、ご本人がその事実に気が付き

大喜びされるということがあります。




ですから、音認識の固定化以降は、

『発音できないと聞き取れない』という方が

正しいし、シックリくると、私は思います。





「分らないから」「できないから」「確認が取れないから」など

様々な理由を探して発音練習をしない方を見受けますが、

聞く(インプット)だけは、発音は上達しません。

『聞く(インプット)』と『音を発する(アウトプット)』は

1セット
となって、初めて

中国語の発音をマスターできるようになります。









ランキングに参加しています。
「がんばれ~っ!」という方はポチっ!!
キラキラ
banner_02.gif




   ★よくばらずシンプルな内容で楽しく学べる★

   ball014月開講 中国語会話 月4回3ヶ月コース
    http://www.chubun-chan.com/kosu_i_ume.htm




ちゅーぶんちゃんの中国語教室 中文倶楽部

中国語ミニフレーズは ↓ このすぐ下 ↓




[本日の中国語]


 百 丈 高 台 , 始 则 一 石 。



 bai3zhang4 gao1tai2,shi3ze2 yi1shi2.
 

意味:ローマは1日にしてならず。






◆ 中国語の早口言葉 ◆


  このコンテンツには音声ファイルも付いていますので、
  発音練習にもなりますメガホン

   お花3http://www.chubun-chan.com/raokouling.htm




★隔週刊で配信しているメールマガジン★
⇒ 初級中国語 覚えておきたい単語

読者さん 増加中(*^^*)





  ↓ 中国・中国人のことが『サラッ』とわかる小冊子 ↓

   ◆ ちゅーぶん流 中国人ってこんなヤツじゃ! ◆
    http://www.chubun-chan.com/book_1.htm





ちゅーぶんちゃんの中国語教室 中文倶楽部




関連記事

テーマ : 中国語
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 中国語 小冊子 メールマガジン 教室 中文倶楽部 フレーズ 発音練習 レッスン インプット アウトプット

コメント

グッチさ~~ん

こんばんは!
いつもコメント、ありがとうございます♪

今回の記事が少しお役に立ったようで、よかったです(^^)
中国語って、ピンインが400種類くらいあって、
声調も含めると1300くらいだと言われているんですよ。
驚くような数ですよね。。。
だから、すぐに出来るようになるなんてことは、
夢のお話だと私は思っています。
何でもそうですが、
少しずつの積み重ねが大切なんでしょうね(^_-)-☆

以下は参考にして下さい。
「n」は「案内」の「案」の「ん」。
「ng」は「案外」の「案」の「ん」。
口の中をよく意識して「案内」「案外」を発音すると
違いがよく分ると思いますよ!

発音は難しい・・・

ちゅーぶんちゃん、こんにちは。
この記事、私的にかなりハッとするものがありました。私は単語や読解は好きで(日本人は得意ですよね)、自分でもどんどん勉強をすすめることができるんです。でも発音は自分で意識的に動いてしゃべらないとなかなか上達しないですよね。私、お恥ずかしい話ですが「ng」と「n」の違いなど、同僚の前で何回発声しても両方一緒になってしまって・・・。「もういいやっっ!!!」って気分になってしまってました。
でももともとの音声の数が8倍も違うと聞いて、自分がすぐに発音できないのも納得。今までになかった音を発声するようにするのですから、やっぱりすぐにはできないですよね。同僚に頼んで、何回も発音してみることにしまーす!
Secret

プロフィール

ちゅーぶんちゃん

Author:ちゅーぶんちゃん

20代後半急に中国へ留学しようという想いがわいてきて、翌年の夏、中国語を話せないまま北京へ留学しました。

簡単な英会話ができるので大丈夫だろうと想っていたら大間違い!校内の売店やすぐそこの市場で買い物をするのも大汗・冷汗・脇汗が滝の如く。全く中国語が出来ずに留学したことを大後悔・・・。

そんな・こんな経験をし「凹んでいても仕方がない」と心機一転、寝る以外はほぼ中国語漬けで約1年半。中国語で不自由なく日常会話ができるようになると「せっかくだから覚えた中国語を生かそう!」と現地で就活。その甲斐あって北京・上海で人生初のOL生活をエンジョイ♪

帰国した翌年、中国語教室『中文倶楽部』を立ち上げ、お陰様で18年目を迎えることができました。

中国語は日本語や英語と違い、ほんの少しイントネーションが違うだけで通じなくなったり、違う意味になってしまったりと、常に発音が難しい外国語の上位にランクインする言語です。

中文倶楽部では、ある程度のレベル以降は受講生が独学でも通じる会話ができるよう、中国語の発音&とっさの時に慌てずに会話ができるようにすることに重点を置いたレッスンをしています。

また、中国語教室はもちろんですが、趣味の家庭菜園もTVや雑誌など多くのメディアに取材を受けたりして楽しく・精力的に活動中!


家中文倶楽部ホームページ

携帯↓携帯用ホームページ↓
QR_mb.png

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★ メディア掲載 ★
中国語作文伝授
優秀作品から学ぶ中国語の表現法



第1回中国語作文コンクールで私が作文賞を受賞した作品が掲載されています。

*--*--*--*--*--*--*--*
ヤマダ電機季刊誌



ヤマダ電機が20数万部発行している全国版の法人向けの季刊誌。見開き2ページに渡り人気抜群の中国語教室として紹介されています。

twitter
カテゴリー
ご訪問 謝謝~っ♪
お役立ちリンク
★ 小 冊 子 ★
中国・中国人に関する小冊子

チャイニーズカルチャーを
手軽に知るための小冊子

詳しくは >> コチラ <<


リ ン ク
携帯用QRコード
QR